ポイント・日本語ばかり話さないか

Child Englishは幼児期から始めるのが一番!

Child English

〜 親子で楽しく英語の勉強 〜


 

選ぶポイント
日本語ばかり話さない?
経済的な負担は?
子供向けの英語教材
選ぶ時の注意点
種類別の選び方
口コミ&評判
フォーム
お問い合わせ
 
 



Child Englishを選ぶポイント 〜日本語ばかり話さないか〜

特に小さなお子さんは、英語を
勉強する重要性や目的をまっ
たく理解していません。という
よりも、年代にもよりますが、
日本語と英語の違いについて
もまだ認識できていない可能
性があります。

週に1、2回のペースで、クラスのお友達に会うと嬉しくなってしまって、普段
自分が使っている言葉で自然とコミュニケーションをとってしまいます。
せっかく高い授業料を払って通わせているのに、実のところ子供がレッスン
中に日本語ばかり話していた・・・なんてことを知ったら切ない気持ちになって
しまいますよね。
ただ、英語を話すことを強制してしまっては、子供はあまのじゃくですので、
なかなか素直に受け入れられません。そのときに、英会話教室における英語
を取り巻く環境、また先生やスクールスタッフのサポートがあるのとないので
は、子供の英語に対する気持ちの持ち方は随分変わってきます。

えんぴつ


 1.英語を意識させる環境

子供のコミュニケーションを完全に制限することはできませんし、制限して
しまうと相当のストレスがたまってしまい良くありません。
とは言え、スクールに着いたらそこからは英語の世界であるという意識を
植え付けることができる環境が大切です。先生だけでなく、スクールスタッ
フも一緒に英語で話しかけてくれるなど、スクール全体で雰囲気作りをし
ているところがおすすめです。
また自宅に居る時も、スクールが始まる前に英語の CD を流したり、英語
で語りかけたりして意識を高めると子供の反応も変わってきます。

えんぴつ


 2.生徒数が少ないスクール

英語の意識ができたとしても、クラスの人数が多ければ先生の目が行き
届かないので、結局子供たちだけで日本語で会話してしまいます。です
ので1クラスの人数が出来るだけ少ないスクールがおすすめです。
マンツーマンレッスンはもちろん良いのですが、先生との相性がよっぽど
良くない限り、スクール嫌いになってしまう可能性もあるので、友達とも
会えるというオプションがあるほうが子供の遊び心を刺激するかもしれま
せん。

えんぴつ


 3.レッスンのカリキュラムをチェック

英会話スクールによっては、幼児・子供用の英会話教育システムが
ちゃんと 確立できていないところがあります。 名の知れた大手英会話
スクールも例外ではありません。

幼児英語教育の専門知識が豊富
であるか、レッスンのカリキュラムが
ちゃんと子供用に編成されているか
など、レッスンの細かい部分まで
確認することが大切です 。
事前に幼児英語教育に関する専門
知識の説明をスクールスタッフに求
めてみるのも良いです。

Favorite

国産 プーアール茶
http://ayakaen.jp/
機械組立 仕上げ
http://www.e-monozo.com/shopbrand/026/008/X/

2016/10/20 更新

 

 


Copyright (C) 2008Child English  All Rights Reserved